ニュース&フェアー

皆様こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

先日東京ベイコート倶楽部での試乗会で

 

乗る機会を頂きましたレンジローバーの

 

SVオートバイオグラフィについてブログにアップ致します。

 

ただでさえ生きる伝説のような

 

レンジローバーを究極にしたのが

 

このSVオートバイオグラフィといったところでしようか。

 

とりあえずSVオートバイオグラフィのレンジローバーのお話しをする前に

 

レンジローバー(普通のレンジ、というかレンジローバー全般)自体の凄さを

 

感じて頂けるお話をイントロとして幾つかさせて頂きます。

 

 

初代レンジローバーが発売されたのが1970年です。

 

今から47年前、約半世紀前なんです。

 

現在までで4代目になりました。

 

47年間で4回しかモデルチェンジをしておりません。

 

ザックリと単純に47を4で割ると約12年です。

 

1回のモデルサイクルが単純に平均すると12年!!!

 

このモデルサイクルはスゴイことです。

 

最近はコンピューターが発達しており

 

経費をかけなくてもコンピューターでシュミレーションが幾らでもできます。

 

一方レンジローバーは毎回モデルチェンジするのに

 

莫大なコストを掛けて

 

実際に世界中の過酷な地形、過酷な気候条件で

 

地球を何周もする位の天文学的な距離を実際に走行テストをしております。

 

ですので、もし

 

ウチの家の前の道がレンジローバーだと

 

快適に通れない。

 

と言うクレームを言うと

 

きっと

 

多分

 

もしかしたら

 

 

次回のレンジローバーのテストコースに採用されるかもしれません。

 

 

そして未だに過去のレンジローバーを見ても古さを感じさせないような普遍的なデザイン

 

レンジローバーを知らない方が過去の歴代レンジローバーを見ても

 

あっこれ兄弟ですよねっ。親子ですよねっ。

 

と直ぐにわかる特徴的なデザイン

 

頻繁にコロコロコロコロデザインが変わるような最近の車とは

 

本質的に異なります。

 

そして機能を犠牲にしない、考え抜かれたデザインは高く評価され

 

自動車としては唯一の

 

ルーブル美術館のパーマネントコレクションになってます。

 

英国車ですが、大英博物館ではなく、フランスが世界に誇るルーブル美術館というところが

 

肝だと思います。

 

ドメスティックなブランドではなく、フランスはもとより、ヨーロッパをはじめ

 

世界中の本物志向の方々に愛されている一つの事例ではないでしょうか。

 

そして、忘れてはならないのが、

 

レンジローバーは英国王室御用達のロイヤルワラントだと言うことです。

 

私は全く英国王室には詳しくないですが

 

どうやら英国王室と言うのは、ヨーロッパの1王室という感じではないようです。

 

ヨーロッパでは、英国王室というと特別な存在だそうです。

 

※それ以外の王室が格下ということではありません。

 

特別だからこそ、皇太子、皇太子妃はヨーロッパ中から愛されるような

 

徳の高さも期待されるようですし

 

だからこそ、スキャンダルにもなりやすいのだそうです。

 

そんなスゴイ英国王室が認めたのがレンジローバーなんです。

 

どうですか。

 

少しはレンジローバーの凄さを感じて頂けましたか。

 

 

 

通常のレンジローバーと比べるとロングホイールベースと言うこともあり

 

とても迫力があり威風堂々といったところです。

 

ただそこはやはりレンジローバー

 

他メーカーのようなギラギラした目を引くこれ見よがしな派手さはないですが

 

奥ゆかしさがあります。

 

恐らくレンジローバーを御購入頂くお客様は

 

御購入時は平常心で

 

買った後からジワジワ良さを感じて頂けるパターンが

 

非常に多いと思います。

 

 

激辛ラーメンでマックスの40辛を

 

まずは一口目をビクビクしながら少し口に運び

 

なーんだ全然辛くないじゃん

 

と余裕の表情で

 

バクバク食べていたら

 

後からジワジワ辛くなってきて

 

もう取り返しがつかないくらいの状態に。

 

 

この、後からジワジワくる状態は

 

激辛ラーメンとレンジローバーの通ずるところだと思います。

 

 

一方、他ブランドのSUVですと

 

最初は目新しさに魅かれて

 

テンションマックスで御購入して

 

徐々に最初の購入時のマックスハイテンションをピークに

 

気持ちが冷めてくるパターンを御経験の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

それでは、エクステリアの識別点を幾つか確認してみましょう。

 

レンジローバーのバッジとグリルもSVオートバイオグラフィ専用のものです。

 

 

 

こちらも、SVオートバイオグラフィ専用の22インチホイールです。

 

この車ですと22インチの大きいホイールでもスッキリおさまってみえます。

 

 

サイドベントのシルバーの縁取りの加飾もSVオートバイオグラフィ専用のものです。

 

下部分にはロングホイールベースのLのバッジがついてます。

 

 

リアトランクにはSVオートバイオグラフィのバッジがつきます。

 

 

SV専用の左右2本出しマフラー。

 

 

スタンダードホイールベースのレンジローバーよりも20センチ長くなっております。

 

その20センチ分が全てリアドアの長さとして

 

長くなっております。

 

 

ふかふかのカーペットもご確認頂けます。

 

 

 

そのロングホイールの恩恵と致しましては

 

当然後席の居住性が一番の恩恵です。

 

それ以外には、1列目も広くなります。

 

と言うのも、2列目の足元が広大になった分

 

1列目の方は、後ろの席のことを考えないで

 

好きなように広々とおくつろぎ頂けるからです。

 

意外に嬉しいロングホイールベースの盲点です。

 

 

それ以外にも直進安定性が増し、高速などでのクルージングもより一層快適です。

 

因みにレンジローバーの窓はキッチリ下まで全開におります。

 

ロングホイールですと、20センチ広い窓が全開になる解放感は

 

格別です。

 

狭い道での曲がり角は、20センチホイールベースが延長されている分が

 

もろに影響します。

 

逆に大きい車を操っているという満足感が得られます。

 

実際の走り味ですが、550馬力のパワーは踏むと猛烈な加速をしますが

 

普通に運転している限り

 

非常に扱いやすく

 

ユッタリ運転できるお車です。

 

また、この車に乗っていると

 

後ろからあおられても全くイラッとっすることは御座いません。

 

どうぞ、お先に。

 

私は心にも気持ちにも余裕があって、時間的にも豊かなので、全然急いでませんので、お先にどうぞ。

 

あなたは急がないとヤバいんですよね??

 

ともし口に出して言ったら

 

完全にただの嫌味な人ですが

 

この車に乗っているとそういう気持ちにすらさせてくれます。

 

最近ではお寺や、大自然などなど

 

パワースポットなるものが流行のようですが

 

この車のインテリアはパワースポットの1つに加えてもいいくらいです。

 

他の車では得られないような心の安らぎも得られます。

 

例えば、この車に乗ると

 

むしろ東京から大阪までドライブしたことで

 

体の疲れが全部とれてメチャクチャ調子が良くなる

 

という通常だと考えれないようなことにすらなります。

 

それでは最後に写真を数枚

 

 

リアシートの中央には電動で出現するテーブルもございます。

 

勿論、2列目も1列目同様

 

シートクーラー、シートヒーター、マッサージがついています。

 

 

 

1列目よりも2列目の着座位置が高いスタジアムシートを採用しておりますので

 

横だけでなく前の景色もドライブ中お楽しみ頂けます。

 

 

2列目の助手席側のオットマンです。

 

シートの調節ボタンも沢山あり細かい調整ができます。

 

 

オートバイオグラフィの型押し。

 

 

1列目のアームレストの調節ノブなど至るところに

 

SVオートバイオグラフィ専用の加飾が御座います。

 

 

オートバイオグラフィの文字の入ったイルミネーテッドシルプレート。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017/04/02 17:32:06

新着記事

過去の記事

カテゴリー