スタッフブログ

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

今回は、当店のデモカーを何台か入れ替えましたので紹介します。

 

と、言うか今までどんなデモカーあったか知りませんよねっ 汗

 

素敵な試乗車がイッパイ入ったので

 

折角ですから今回ブログにアップします。

 

まずはディスカバリースポーツのHSE

 

 

 

ボデイカラーはコリスグレーです。

 

ディスカバリースポーツは今、非常にランドローバーの車種の中でも、お問い合わせの多いお車です。

 

 

人気の秘密は、コンパクトながら、圧倒的なスペースユーテリティ

 

3列目もこのコンパクトと言われるサイズながら、オプションで御座います。

 

※一応メーカーは3列目とは言わず、5+2シートと言ってます。

 

身長160センチ位の方までなら座れます。

 

それ以上の身長の方でも、サイト間の移動程度でしたらお乗り頂けます。

 

因みに、こちらのデモカーは、5+2のオプションはついてません。

 

そして見て下さい!!!

 

 

 

どうですか!!!このリアシートの空間!!!

 

足元、膝前もレンジローバーや、大型サルーンに匹敵する広さ!!!

 

そして、そしてこのシート、何と!!!リクライニング、そして前後にスライドもします。

 

ミニバンに比べてSUVでは、リクライニングやスライドしない車種も多いのですが、、、、。

 

で、どれ位リクライニング、スライドするか???

 

どんだけー???

 

こんだけー!!!

 

 

です。

 

 

 

奥のシートが一番前にスライドして、一番背もたれを起こした状態です。

 

手前のシートがその反対です。

 

例えばシートを前にスライドできることで、通常荷室に荷物が入りきらなくなると

 

シートを倒す訳ですが

 

シートを潰さないで、荷室を広くとることができるんです。

 

スバラシイ!!!

 

そして、コンパクトのジャンルのsuvながら

 

大型のsuvにも負けないような、一回りも二回りも大きくみえるデザインです。

 

では写真を数枚。

 

 

頭上空間も広々です。

 

 

荷室です。最近のスポーティなsuvは、後ろに行くにつれて、ルーフの傾斜が強く、荷室の高さが低くなりがちです。

 

DEMOどーですか??デモカーだけにDEMO 汗

 

荷室高も十分確保してます。

 

 

全体的なランドローバーの車の特徴ですが

 

ダッシュボードなどが水平になっていて、平衡感覚をつかみやすくなっております。

 

 

オフロードなどで重宝しますが

 

オンロードでも、例えば高速道路で上り坂になると

 

上っているのに気づきにくくて、自然渋滞になりやすいですが

 

ランドローバーの車はそんな時も、敏感に

 

あっ、今ちょっと上り坂だな

 

なんてわかります。

 

そごいですよねっ。

 

そしてドアのウエストラインは、ダッシュボードより1段低くなっているのも

 

現行車種ではイヴォーク以外そうなってますが

 

これもランドローバー車の特徴です。

 

見切りが非常に良く、特に左折や、左に車線変更は安心です。

 

デスカバリースポーツ固有の特徴ですが

 

助手席のダッシュボードや、センターコンソールのエアコンスイッチの下など、収納が豊富なのも

 

ディスカバリーシリーズの特徴です。

 

助手席の右側足元には、スーパーのレジ袋などを掛けるフックなどもついてます。

 

そしてドリンクホルダーをみて下さい!!!

 

ちょっとずれて並んでますよねっ。

 

運転席と助手席の人が、お互い間違って、相手の飲み物を飲まないようになってます。

 

※グレードによって標準です。

 

デザインの為のデザインで

 

使い勝手を犠牲にするのではなく

 

非常に使う人、運転する人の立場に立って、なおかつ優れたデザインは

 

ランドローバー車全てに言える特徴です。

 

初代レンジローバーが、ルーブル美術館に世界で、最初に展示された車と言うのもうなずけます。

 

その他にも、ランドローバーの車は、数々のデザインの賞などもとっているそうですよ。

 

あっ、因みに、ジャガーの伝説の名車E-TYPEは、現行のF-TYPE、F-PACEにも通じるところがありますが

 

何と!!!ニューヨーク近代美術館(通称MOMAと言えば皆様ご存知の方も多いのではないでしょうか)

 

のパーマネントコレクションになった、最初の自動車だそうです。

 

この辺りは、イギリス車は、流行り廃りを追っかけて、直ぐ時代遅れになる車とは対極の

 

普遍的なデザインではありますね。

 

 

 

 

 

大きなミラーが、ランドローバーの車にはついてます。

 

非常に見やすく、車の運転が苦手な方でも安心できる要素になってます。

 

 

リアスポイラーに隠れるようなデザインで、ブレーキランプがついてます。

 

 

 

 

続いて、2台目に紹介するデモカーは、レンジローバーイヴォークです。

 

グレードはHSEダイナミックです。

 

良くレンジローバーイヴォークの、プロモーションにも登場する

 

イヴォークのデザインを際立たせたようなデザインのグレードです。

 

ボディカラーはサニトリーニブラックです。

 

 

ボディ下部分が、ボディ同色になっているのは、ダイナミック以上のグレードの識別点の一つです。

 

 

また、ヘッドランプの下のグリルが、ダイナミック以上のグレードでは

 

縦に大きくなっているところも識別点です。

 

ヘッドライトはオプションのLEDではなく、標準のキセノンですが

 

PPAPですっ!!!

 

は、はいっ???PPAP???

 

はいっ。ピッカピッカ明るくピッタリ!!!

 

の略です 汗。

 

 

 

 

後ろから見ると、全幅1900ミリで大きいのが御確認頂けます。

 

この全幅は、乗った時に、広いという恩恵以上に

 

高速道路で、ここでは言えないようなスピードで走ったときに

 

安定感が半端無いです!!!

 

勿論、普通に80キロで走った時の安心感と言ったら言葉にはなりません。

 

 

 

あっ、それとランドローバーの車では

 

足回りが、固いとか、柔らかいとか

 

余り私は気になったことがありません。

 

ランドローバーの車の足回りについて、どうですかと、もし聞かれたら

 

丁度と言うか

 

ピッタリと言うか

 

最高としか

 

言いようがありません。

 

もし、ラーメン屋に行って

 

注文で麺の硬さを店員さんに聞かれて

 

同じように

 

丁度の硬さとか

 

ピッタリの硬さとか

 

最高の硬さとか

 

言ったら確実に無視されるか

 

変な人扱いされるでしょう。

 

それくらいランドローバーの車の足回りはスバラシイです!!!

 

 

 

ダイナミックのグレードで標準のダイナミックシートです。

 

 

後ろの席の真ん中からの景色です。

 

ランドローバー車の特徴のスタジアムシートのお陰で

 

イヴォークのデザインで外から想像する以上に視界は良好です。

 

天井のパノラマルーフは開かないタイプがオプションで御座います。

 

開かないですが、天井がペローンと一面ガラス張りになっているので

 

例えば、上を見ると夜のオフィス街のネオンを観れたり

 

秋の紅葉の木々の並木道を見上げて観たり

 

最高じゃあないですか!!!

 

 

 

では、では長くなって来ましたのでこの辺で

 

次回も新しいデモカーを紹介致します!!!

 

試乗のご予約のご連絡、御来店従業員一同心よりお待ちしております。

 

 

2016/10/31 19:43:13

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

先日お伝えしましたディスカバリーの残りの1台ですが

 

沢山の方から反響を頂きました。

 

また、多くの方から

 

写真が見たいです

 

とか

 

た、頼む!!!モザイク有でもでもいいから写真を!!!

 

写真をくれ!!!

 

などなど

 

アツイお問い合わせを頂きましたっ。

 

折角なので写真を数枚載せます。

 

な、なんとモザイクなしで!!!

 

 

 

 

 

 

 

では、皆様からのお問い合わせお待ちしています。

 

 

2016/10/31 19:10:34

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

以前ブログでも書きましたが

 

新しくディスカバリーがモーターショーで発表されました。

 

今ある4代目のディスカバリーは生産終了になりました。

 

生産終了の告知後、4代目ディスカバリーが一気に人気が出て

 

アッと言う間に在庫が無くなってしまいました、、、、、、、、。

 

 

 

 

と思っていたら

 

 

 

 

 

1台だけ残っていました。

 

まさに、奇跡です!!!

 

色はフジホワイトの

 

グレードはSEです。

 

もうこれが本当の最後の最後の1台です!!!

 

皆様からの御連絡お待ちしております。

 

2016/10/23 16:24:42

皆様こんにちは。

 

営業の井上アキラです。

 

イキナリでは御座いますが、以下先日御来店されたお客様と私とのやり取りです。

 

私:「元気ですかー!!!本当に元気ですかー???

 

おっと失礼しました。私としたことがとんだタイピングミスを。

 

では改めて

 

現金ですかあ???本当に現金でいいんですかー???」

 

お客様:「私は現金派なので車にローンなんてしません!!!」

 

私:「でも奥様、今ウチでは手数料0%ですよ!!!本当に現金でいいんですか?」

 

お客様:「えっ??M・J・D(マ・ジ・デ)!!!」

 

 

これは2016年イヴォークと2016年ディスカバリースポーツを御検討のお客様と

 

お支払方法についてお話しした時のやり取りです。

 

はいっ、そうなんです。な、何と今でしたら

 

2016年モデルのイヴォークと2016年モデルのディスカバリースポーツが

 

手数料0%!!!

 

因みに期限は今年の12月末までに御成約かつ、ご登録完了が条件です。

 

今、なーんだまだまだ余裕あるじゃない

 

と思った方に非常に残念なお知らせがあります。

 

2017年モデルが出てきて、2016年モデルと切り替わりました。

 

2つの違いはナビゲーションの変更程度です。

 

そして、金額が変わりました。値上げしました。

 

例えばイヴォークはグレードによってですが、6万から18万円の値上げです。

 

外観上も2016年と2017年モデルで違いは御座いません。

 

2016年モデルの在庫がドンドンなくなるのもうなずけるでしょう。

 

 と言うことで12月末までのキャンペーンですが

 

在庫がなくなり次第終了です。

 

 

 

そして、そしてできればこれ以上は言いたくないのですが、、、、

 

ついでなんで言っちゃいます!!!

 

ジャガーのXEとXFに関しては

 

手数料0%どころか

 

自動車業界初の何と、何と

 

マイナス金利です!!!(マイナス0.1%)

 

えっ、全然意味が分からないというお客様

 

簡単に言うと、現金で御購入いただくよりも、クレジットの方がお安くなるんです!!!

 

もう完全にブッ飛んでます!!!

 

わかりやすく言うと、食べれば食べるほどやせる怪しいダイエットのようなレベルでしょうか???

 

クレジットにしない理由が見当たりません!!!

 

しかも、しかも、ジャガーXE、XFに関しては

 

2016年、2017年モデル共にマイナス0.1%適用です!!!

 

※幾つか、クレジットのプランに制約が御座います。

 

詳しい内容は是非お電話、もしくは、御来店頂いてお問い合わせ下さい。

 

皆様からのお問い合わせ、御来店心よりお待ちしております。

 

2016/10/23 15:07:49

皆様こんにちは。

 

営業部の井上です。

 

どんどんと寒い季節になってきましたが

 

体調は悪くありませんか。

 

最近体調が悪く風邪気味という方

 

はたまた

 

いやいや‘隊長‘は悪くないが、どうやら‘副隊長‘の方が悪いようです

 

という方まで色々な方がいらっしゃるのではないでしょうか。

 

いませんね。 汗

 

これからはますます寒くなりますので、是非 私のギャグでほっこり温まって下さいっ。泣

 

 

さて、今週末はレンジローバーイヴォークの2017年モデルのフェアを開催しております。

 

そこで、レンジローバーイヴォークの2017年モデルがショールームにも入りました。

 

 

主な2016年との違いはナビゲーションです。

 

 

今まで以上に画像がキレイになり

 

カメラの画像が鮮明です。

 

また、テレビも画像が鮮明で

 

画面下にでる字幕、テロップも鮮明です。

 

余りにもキレイで毛穴の奥まで丸見えで恥ずかしいので

 

写真は載せれませんでした。

 

是非一度お越し頂いてご覧下さい。

 

 

展示車は人気のSE PLUSというグレードです。

 

レザーシートも標準で、ナビ、テレビなども標準の

 

お求めやすい人気のグレードです。

 

コリスグレーのボディカラーが渋いですよね。

 

 

 

 

以下 展示車についているオプションです。

 

フロントシートメモリー

 

キーレスエントリー(鍵を持っていると、ドアに触れただけで開閉できる。)

 

ブラインドスポットモニター及びリバーストラフィックディテクション(ミラーの端が点滅、点灯して

 

死角にいる車両を知らせたり、後ろから猛スピードで接近してくる車両を知らせる。またバックギアに入れた

 

時、自社の後ろを横切る車がある場合、モニターとドアミラーの先端の点滅と警告音でお知らせする。)

 

エアコンディショナーリアベント

 

 

 

そして2017年モデルのイヴォークが出てから

 

今、2016年のイヴォークの人気が急上昇中です!!!

 

2016年モデルの在庫がドンドンがなくなってきています。

 

というのも2016と2017で

 

外観上の違いは御座いません。

 

違いはナビゲーションの変更だけです。

 

あっ、もう1つ大事な変更がありました。

 

金額が少し変わりました。ちょっと値上がりしました。(グレードによって6万から18万円です。)

 

ということで違いですが

 

2016年モデルのナビは国産のナビで定評があり

 

なおかつ金額的に2017年モデルよりお求めやすいということで

 

人気が出るのは当然と言えば当然です。

 

 

因みに、2017年モデルの方ですが

 

何と言っても最大のトピックはコンバーチブルの登場でしょう。

 

もうコンバーチブルのご注文受け付けております。

 

ただこのコンバーチブルですが生産枠が非常に少なく希少になってます。

 

そしてこのブログをご覧頂いている方に何と

 

特別に耳寄り情報をお伝え致します!!!

 

絶対誰にも言わないで下さいよ。

 

一番早い段階でご注文頂いていましたお客様の

 

コンバーチブルの御納車が12月頃を予定しております。

 

何と何とコンバーチブルの在庫が1台のみ

 

幸運なことに現時点で御座います!!!

 

そちらの在庫車の御納車は、

 

何と、一番早い段階でご注文頂いていたお客様と同じ

 

12月にできる予定です。

 

す、すごい!!!

 

二時間待つ行列のできるラーメン屋で

 

順番が回って来る直前に列にズーット並んでいた営業マンが

 

急に会社から電話が掛かってきて

 

たまたまラーメン屋の前を通りがかったあなたに

 

どうですかと順番を譲ってくれましたっ、ということ以上の奇跡です!!!

 

そんなことってあるんですか?って

 

めったにありませんよねっ。

 

まさに天文学的確率でめったに起こらないスゴイ出来事!!!

 

勿論、このコンバーチブルは早いもの勝ちです。

 

御興味御座いましたら、お早めにお問い合わせ下さい。

 

※尚、なくなってしまった場合はご了承下さい。

 

一からオーダーをして頂くのもいいですが

 

まだ誰も乗っていない今

 

コンバーチブルを乗る意味は十分あると思います。

 

確実に視線があなたに集中して目立ち度抜群です。

 

正直試乗してからでないと購入は、、、、と言うお客様も中にはいらっしゃると思います。

 

コンバーチブルはただオープンにしただけでなく

 

ルーフつきの通常のモデルと同じ走り、同じ剛性になるように

 

ボディの剛性が高められているようですので安心して下さい。

 

何なら、現在試乗車は通常の5ドアのイヴォークですが

 

窓を全て全開にして、お洋服も薄着でコンバーチブル感覚で試乗頂くと

 

多少なりとも、コンバーチブルの雰囲気と、解放感のイメージが湧くのではないでしょうか。汗

 

是非、皆様からのコンバーチブルのお問い合わせお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016/10/23 13:30:55
日曜日232016.10

いつも格別のご愛顧を賜り有難う御座います。

 

誠に勝手ながら

 

社内研修の為

 

11月7日〜11月8日まで

 

お休みとさせて頂きます。

 

お客様には大変なご迷惑をお掛け致しますが

 

何卒ご理解の上、宜しくお願い致します。

 

 

ジャガー・ランドローバー三鷹

 

 

2016/10/23 13:16:32

こんにちは。

 

営業部の井上あきらです。

 

今回ショールームに入れました展示車ですがレンジローバースポーツのSEというグレードです。

 

このレンジローバースポーツはハッキリ言ってメチャクチャお得です。

 

何故そんなにお得かは後程。

 

よくお客様から

 

レンジローバーとレンジローバースポーツって

 

どうちがうんですかと言われます。

 

ハッキリいって、説明に困ります。

 

非常に見た目も含めよく似ているんですが、全く違います。

 

 

まず共通する部分ですが

 

全幅とホイールベース(スタンダードホイールベースの場合)が同じ。

 

要は運転した時の車両感覚が殆ど同じなんです。

 

(全長はレンジローバーの方が長いです。主にリアオーバーハングが長くなってます。

 

全高はレンジローバースポーツの方が低いです。)

 

オールアルミボディを共に採用。

 

エンジンラインナップも共通。

 

レンジローバーとレンジローバースポーツの違いですが、

 

おおざっぱに言うと、レンジローバーはラグジュアリー寄り

 

レンジローバースポーツはスポーツ寄り

 

になってます。

 

ただ、レンジローバーでも高速で片手で追い越し車線を飛ばして運転していても

 

安定している位、運動性能は高いですし

 

レンジローバースポーツだとラグジュアリーではないのか

 

というとそうでもないです。

 

まず、2つの車の大きな違いは標準装備の充実度の違いです。

 

そしてそして!!!

 

 

大体ザックリと400万円くらいはレンジローバースポーツの方が車両本体価格を比べるとお求めやすいんです!!!

 

もっとわかりやすく言うと、例えば

 

ビックサンダーマウンテンとビックサンダーマウンテンスポーツがあるとしたら

 

ビックサンダーマウンテンより400万円安くて

 

ビックサンダーマウンテンより刺激的な

 

何か

 

それがレンジローバースポーツです。(わかって頂けましたか???汗)

 

もっと伝わりやすく言うと、もし目の前にレンジローバースポーツが2台買えるお金があったとしたら

 

 

 

 

私なら間違いなくレンジローバーを1台買うのではなく

 

 

 

 

レンジローバースポーツを2台買いたい気持ちを抑え

 

 

 

 

レンジローバースポーツを1台買って

 

 

残りの半分のお金を次のレンジローバースポーツが出た時の為に置いておきます。

 

今、な〜んだレンジローバースポーツ2台買わないんかい!!!とツッコミそうになった方は

 

是非私の代わりに1台買って下さいっ!!!

 

その程度、ではなく、それ位強く私はレンジローバースポーツをオススメします!!!

 

レンジローバーは約50年の歴史があり不動の人気です。

 

レンジローバースポーツはレンジローバーに比べると歴史はまだ浅いですが

 

今レンジローバースポーツの人気が急上昇中です!!!

 

 

 ↑ 白いボディカラーのレンジローバー、レンジローバースポーツはトレンド??白は車の定番では御座いますが、レンジでは余り街で見かけないので新鮮です。

 

 

 ↑ 大きいリアスポイラーにブレーキランプ。レンジローバーはこの倍くらい長さのランプです。

 

リアスポイラーの影にリアワイパーが御座います。

 

新採用のバックカメラウォッシャーが向かってナンバープレート右に見えます。

 

 

 

↑ SEグレードではオプションのブラインドスポットモニター。

 

自動防舷ミラーとのセットです。

 

後ろの車からのライトなどでまぶしくなるのを防ぎます。

 

上の写真のミラー右上の部分がオレンジ色に点滅、点灯して死角に入った車や、後ろから高速で近づいて来る車が来ると知らせてくれます。

 

レンジローバースポーツの特徴の一つ。サイドベントとボンネットベント。

 

 

↑ オプションの20インチホイール。

 

 

↑ レンジローバーとホイールベースは同じです。主に全長の違いは切り詰められて短いリアオーバーハング。

 

 

↑ 非常にランドローバーの車はグレードの違いを判別するのが難しいですが、識別点の一つがこちらのバッチ

 

 

↑ 1列目のシート

 

非常にホールド性の高いシートです。

 

1列目は標準でシートヒーターがつきます。

 

グレードやオプションで1列目、2列目共にシートヒーター、シートクーラーの設定が御座います。

 

レンジローバーと違いマッサージシートの設定がレンジローバースポーツには御座いません。

 

 

↑ センターコンソール。他のランドローバーの車と違いレンジローバースポーツだけギアセレクターは、このステックタイプ。

 

ハザードランプ下にある3つの丸いボタンですが、非常にシンプルでいて、使いやすいです。

 

こちらのボタンですがダイヤルを回して温度を調節できます。

 

シートヒーターをつけたり、ヒーターの強弱を調整したい場合、今まではタッチディスプレイからのアクセスでしたが

 

現行モデルはボタンを押すとエアコンの温度と、シートヒーターの作動、調節

 

(シートクーラーも設定あるものですとシートクーラーも作動)を切替でき、感覚的に使えて非常に便利です。

 

 

↑ 2列目シート。レンジローバーに比べてヘッドクリアランスは少なくなりますが、それでも十分な高さが確保されております。

 勿論中央のお席もゆったり座れます。

 

 

↑ 2列目のエアコンスイッチです。オプションでリアシートヒーターがついていてそのスイッチもあります。

 

 

↑ 水平なダッシュボード。

 

そして、サイドのウエストラインが1段低くつくられていて

 

非常に高いドライビングポジションと相まって見切りが非常にいいです。

 

これはランドローバーの車の特徴です。

 

一番私がその恩恵を受けるのが、左折する時と、左に進路変更する時の目視のしやすいところ。

 

まるで煙突のテッペンからの見晴らしのようです。(ちょっと言い過ぎ??)

 

また大雨の夜など、悪条件での運転でも安心です。

 

そんなにオフロードを走る機会はなかなか無いですが

 

東京、都心、街中は急に自転車が飛び出して来たり

 

狭い道でのすれ違いなどなど

 

まさにジャングルと言っても過言ではないでしょう。

 

 

↑ 二列目の真ん中の席からの眺め。

 

ランドローバーの車はスタジアムシートを採用。

 

後ろのお席からも見晴らしが良く、一列目の方と同じ景色を見ながら

 

会話も弾みます。

 

 

そしてこの車についています、その他オプションです。

 

ACC(アダプティブクルーズコントロールの略です。設定した速度で追随走行します。)

 

コントラストルーフ(ルーフがボディカラーの白と違い黒色です。)

 

メタリックペイント

 

パドルシフト(SE以外は標準装備)

 

フロアマット(SEとHSEでオプション)

 

ツインブレードサンバイザー(サンバイザーを前とサイドに展開可能。前からと横からの日光対策に。また

 

前からと横からのパパラッチ対策なんて方にも笑。)

 

何度も言いますが、レンジローバーより400万円位お求めやすくなってます。

  

特に一番ベースのSEグレードは

 

もっともシンプルな装備ですが

 

レンジローバーグループとしての走り、乗り心地等

 

既に4代目でどんどん高級志向になって、金額もドンドンはねあがっていっているレンジローバーですが

 

豪華さだけではないレンジローバーの魅力

 

原点に返ってレンジローバーとしての本来の魅力を強調させたようなレンジローバー

 

それがレンジローバースポーツなんではないでしょうか。

 

街でみるレンジローバーは黒、紺、シルバー系が多いですが

 

白のレンジローバーは新鮮で今後のトレンドになるのではと思います。

 

是非一度ショールームにお越し頂いて下さい。

 

それとレンジローバースポーツの試乗車が新しくなりました。

 

大変人気で試乗車が使用中のことも多いです。

 

試乗をご希望の場合は御来店前にご予約をオススメ致します。

 

皆様からのお問い合わせ、皆様の御来店心よりお待ちしております。

 

 

 

2016/10/08 13:56:19

皆様こんにちは。

 

元気ですか〜!!!

 

営業部の井上です。

 

先日開催致しました青梅ゴルフクラブでの

 

ジャガー・ランドローバー三鷹オーナーズゴルフ大会ですが

 

何と今年で10年目だそうで

 

毎年参加人数も増えてきているそうです。

 

 

司会はアントキの猪木さんにしていただきました。

 

今回のイベントも大変盛り上がり

 

参加頂きました方々からとても楽しかったですと言われ

 

三鷹店スタッフ一同大変励みになりました。

 

↓ 今回の景品です。

 

 

↓  景品の写真その2

 

 

↓ 危ない集会では御座いません。大会終了後のパーティで、アントキの猪木さんの掛け声で「1.2.3.ダー!!!」中の一コマです。

 

 

 

↓ イベント終了後の駐車場の様子です。昼間写真を撮り忘れましたが駐車場の車の大半がジャガーとランドローバーの車で埋め尽くされていました。

 

2016/10/08 12:20:31

新着記事

過去の記事

カテゴリー